京都の大学生

 

京都の大学生

京都の大学生

 

 日曜日の朝。

ソルマック片手に電車に揺られている。

イヤホンからは「三四郎オールナイトニッポン0」が流れる。

なんじゃこりゃ。

 

他県で仲間たちと飲んだ。

会えば歳も時間も忘れてしまう。

宿代と二日酔いを引き換えにしても会いたい人たちがいるっていいな。と我ながら思う。

 

これからのAI時代にどう生きるかという話を熱く討論していた筈だったが

翌日電車の中で手帳を見返すと「AIキャバクラ」とだけ書かれていた。

なぜ。

 

 駅から家まで歩く。

ラジオは三四郎のANN0を聴き終え、オードリーのANNに移り変わっていた。

家に着き布団に倒れこむ。

『頭痛が痛い』のでそのまま布団で過ごす。

 

夜、生産性のない今日一日の穴埋めをするようにブックカフェでビジネス書を読む。

 

大人なのか子供なのかよくわからない生き物。

 

 

(2018/10/21)

 

映画  『ミックス。

本   『多動力(堀江貴文)』『アウトプット大全(樺沢紫苑)』『脱近代宣言(清水高志、落合陽一、上妻世海)』

ラジオ 『三四郎のANN0』『オードリーのANN』『おぎやはぎのメガネびいき』『山里亮太不毛な議論』『よなよな…水曜日』